北海道新聞(平成27年12月26日朝刊)で「北海道タマネギドレッシングとうもろこし香味」が紹介されました

toumorokoshi_top

サッポロはまやで販売中の「北海道タマネギドレッシングとうもろこし香味」が、北海道新聞にて紹介されました。

製造メーカーである北海道バイオインダストリー社と共同開発したのは、札幌大谷大学社会学部地域社会学科森雅人教授と同学科学生4名(佐藤美結さん・安藤歩美さん・中島咲里さん・(松本翼さん))、(一社)札幌青年会議所の「未来を切り拓く人材育成委員会」土江田尚明委員長などです。「いままでにない札幌を代表するお土産品を作りたい」という学生の提案で商品化されました。サッポロはまやは、この連携事業と学生の活動を応援しております。

詳細は下記記事をご覧ください。

 

【20151226】北海道新聞_とうもろこし+タマネギ風味

(北海道新聞 平成27年12月26日朝刊)

機能性食品研究開発の北海道バイオインダストリー(札幌)は25日、札幌大谷大の学生3人と共同開発した「北海道タマネギドレッシングとうもろこし香味」を発売した。
記憶障害の改善作用成乳を含む人気商品「北海道タマネギドレッシング」シリーズの6作目。
いっしょに開発したのは、いずれも社会学部地域社会学科1年の佐藤美結さん(19)、安藤歩美さん(19)、中島咲里さん(19)。3人は札幌青年会議所(JC)が
今夏開いた人材育成プログラムに参加し、「トウモロコシを使った札幌を代表するお土産作り」を企画した。JCを通じて、同社にトウモロコシドレッシングの商品化を提案した。
同社は「北海道名物のラーメンサラダに合うドレッシングがほしい」という学生の意見をもとに試作を重ね、学生といっしょに試食して酸味と甘みのバランスを調整した。タマネギの風味を残しつつも、トウモロコシのうまみを凝縮したコクのある味わいに仕上がった。
佐藤さんは「サラダのほか、パンにかけても合う。北海道のお土産として全国に広がってほしい」と期待を込める。
200㍉㍑入り、650円(税別)。道内の土産物店などで販売している。問い合わせは北海道バイオインダストリー電話011・812・2512へ。

 

PDFデータは→こちらをご覧ください